広島大学医療経済研究拠点

English

広島大学医療経済研究拠点について

Title: eHealth Big Data: Some legal, economic, and ethical implications

Presenter: Prof. Albert Ruda Gonzalez (University of Girona)

 

Title: eHealth Big Data: Some legal, economic, and ethical implications

Presenter: Prof. Albert Ruda Gonzalez (University of Girona)

 

6 research projects were presented with active discussions at the workshop.

Both Chula and HiHER (and KPM) decided to continue this collaboration.

当日は6つの研究発表と活発な議論が繰り広げられ、今後も研究協力を続けていくことで一致

しました。開催案内はこちら

 

研究者・学生の皆様の参加を歓迎いたします。是非お越しください。

12月5日(水)午前10時スタート。社会研3階大会議室。

詳細はこちらをご覧ください。

 

Time

Program

10:00-10:10

Opening Remark by the Director of HiHER, Yoshihiko Kadoya, Hiroshima University

10:05-10:15

Remarks by Prof. Jin Narumoto, Kyoto Prefectural University of Medicine

10:15-11:00

Speaker: Yoshihiko Kaodya (HiHER)

Does financial literacy explain investment in risky assets in Japan?

 

11:00-11:45

Speaker: Nopphol Witvorapong (CU)

Do Expectations for Old-Age Filial Responsibility and Sate Support Crowd Out Retirement Saving?  Insights from the Working-Age Population in Thailand

 

11:45-13:05

Lunch Break

 

13:05-13:45

Speaker: Hikaru Oba (KPM)

Cognitive decline reduces household spending among older people

 

13:45-14:30

Speaker: Touchanun Komonpaisarn (CU)

Social Cost of Alcohol Consumption in Thailand in 2011

 

14:30-14:45

Break

 

14:45-15:30

Speaker: Somtip Watanapongvanich (HiHER)

Financial literacy and gamble addiction

 

15:30-16:15

Speaker: Kanittha Tambunlertchai (CU)

The Impacts of Collective Conditionality Requirements for Rewards in a CPR Experiment

 

16:15-16:45

Discussion for potential research collaborations between HiHER and Chula

 

16:45-17:00

Closing Remark by Prof. Worawet Suwanrada, Dean of Faculty of Economic, Chulalongkorn University

 

17:30-

Dinner Reception (Contributors only)

Venue: Saijo Hakuwa Hotel

 

Scholars and students are all welcomed to join us.

Starting at 10 am on Wednesday December 5th; the venue is Large Meeting Room (on the 3rd floor)

Graduate School of Social Sciences

Map: goo.gl/QrThd6

For the details, please click here

 

Time

Program

10:00-10:10

Opening Remark by the Director of HiHER, Yoshihiko Kadoya, Hiroshima University

10:05-10:15

Remarks by Prof. Jin Narumoto, Kyoto Prefectural University of Medicine

10:15-11:00

Speaker: Yoshihiko Kaodya (HiHER)

Does financial literacy explain investment in risky assets in Japan?

 

11:00-11:45

Speaker: Nopphol Witvorapong (CU)

Do Expectations for Old-Age Filial Responsibility and Sate Support Crowd Out Retirement Saving?  Insights from the Working-Age Population in Thailand

 

11:45-13:05

Lunch Break

 

13:05-13:45

Speaker: Hikaru Oba (KPM)

Cognitive decline reduces household spending among older people

 

13:45-14:30

Speaker: Touchanun Komonpaisarn (CU)

Social Cost of Alcohol Consumption in Thailand in 2011

 

14:30-14:45

Break

 

14:45-15:30

Speaker: Somtip Watanapongvanich (HiHER)

Financial literacy and gamble addiction

 

15:30-16:15

Speaker: Kanittha Tambunlertchai (CU)

The Impacts of Collective Conditionality Requirements for Rewards in a CPR Experiment

 

16:15-16:45

Discussion for potential research collaborations between HiHER and Chula

 

16:45-17:00

Closing Remark by Prof. Worawet Suwanrada, Dean of Faculty of Economic, Chulalongkorn University

 

17:30-

Dinner Reception (Contributors only)

Venue: Saijo Hakuwa Hotel

 

 

Time: 15:00-16:30 Wednesday, June 20th., 2018

Place: Meeting Room on 1st Floor, Graduate School of Social Sciences

Presenter: Prof. Naheed Rabbani
       HiHER and University of Dhaka

Title: The impact of financial literacy on financial market participation: the case of the United States

Time: 15:00-16:30 Wednesday, June 20th., 2018

Place: Meeting Room on 1st Floor, Graduate School of Social Sciences

Presenter: Prof. Naheed Rabbani
       HiHER and University of Dhaka

Title: The impact of financial literacy on financial market participation: the case of the United States

 

We discussed about our potential research collaborations

 

                  

 

 

HiHER MFL
Yoshihiko Kadoya Vice President: Assoc. Prof. Dr. Chayaporn Wattanasiri 
Mostafa Saidu Rahim Khan Dean of School of Medicine: Prof. Dr. Nopadol Wora-Urai
Yasuhiro Isobe Dean of School of Dentistry: Dr. Narong Lumpikananda 
  Dean of School of Law: Assit. Prof. Dr. Rung Srisomwong 
  Dean of School of Social Innovation: Assoc. Prof. Dr. Siriporn Wajjwalku 
   

 

 

We discussed about our potential research collaborations

 

                  

 

 

HiHER MFL
Yoshihiko Kadoya Vice President: Assoc. Prof. Dr. Chayaporn Wattanasiri 
Mostafa Saidu Rahim Khan Dean of School of Medicine: Prof. Dr. Nopadol Wora-Urai
Yasuhiro Isobe Dean of School of Dentistry: Dr. Narong Lumpikananda 
  Dean of School of Law: Assit. Prof. Dr. Rung Srisomwong 
  Dean of School of Social Innovation: Assoc. Prof. Dr. Siriporn Wajjwalku 
   

 

Time: 15:00-16:30 Thursday, June 7th., 2018

Place: Meeting Room on 1st Floor, Graduate School of Social Sciences

Presenter: Mostafa Saidu Rahim KHAN, PhD
        Department of Economics (Kadoya Lab), Hiroshima University

Title: Can financial literacy explain lack of investment in risky assets in Japan?

Time: 15:00-16:30 Thursday, June 7th., 2018

Place: Meeting Room on 1st Floor, Graduate School of Social Sciences

Presenter: Mostafa Saidu Rahim KHAN, PhD
        Department of Economics (Kadoya Lab), Hiroshima University

Title: Can financial literacy explain lack of investment in risky assets in Japan?

Time: 15:00-16:30, Thursday, May 31st, 2018
Place: Meeting Room (1F), Graduate School of Social Sciences, Hiroshima University

Presenter: Dr. Kadir Atalay (HiHER and University of Sydney)
Title: Pension Incentives and the Retirement Decision of Couples

Time: 15:00-16:30, Thursday, May 31st, 2018
Place: Meeting Room (1F), Graduate School of Social Sciences, Hiroshima University

Presenter: Dr. Kadir Atalay (HiHER and University of Sydney)
Title: Pension Incentives and the Retirement Decision of Couples

Please note that our focus is on the behavior of those who belong to China’s One-Child Policy (OCP) generation, not necessarily that of only child (i.e., some do have siblings though they belong to OCP generation and we didn’t control if the subjects have any siblings). Also, our result is applicable only to the behavior of being at work, not that of daily life.

Are Only Children More Selfish Than Those With Siblings?

注:私達の研究は一人っ子の心理ではなく、(必ずしも一人っ子とは限らない)中国の一人っ子政策世代の心理に着目したものである点です(兄弟の有無はコントロールしていません)。また研究結果は職場でのものに限っており、日常生活での心理については不明です。

Are Only Children More Selfish Than Those With Siblings?

目次詳細(第1章「特別座談会 新しい介護文化の創造」に掲載)

http://www.jmp.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=1795

 

政府刊行物サイト

https://www.gov-book.or.jp/book/detail.php?product_id=323891

Overall http://arc.foreignpolicy.com/country_japan.html Full Paper: His name appeares 6 times in the text http://arc.foreignpolicy.com/files/ARC-Report–Japan.pdf

ダイジェスト版
http://arc.foreignpolicy.com/country_japan.html

フルペーパー版:協力者として6箇所に名前が掲載されています。
http://arc.foreignpolicy.com/files/ARC-Report–Japan.pdf

Presenter: Prof. Charles Yuji Horioka

Title:The Impact of Intergenerational Transfers on Wealth Inequality in Japan and the United States

 

Presenter: Dr. Yoko Niimi

Title:Does Providing Informal Elderly Care Hasten Retirement? Evidence from Japan

 

Presenter: Prof. Charles Yuji Horioka

Title: The Impact of Intergenerational Transfers on Wealth Inequality in Japan and the United States

 

Presenter: Dr. Yoko Niimi

Title: Does Providing Informal Elderly Care Hasten Retirement? Evidence from Japan

 

Presenter: Dr. Elisabeth Huynh (University of South Australia) and Dr. Astghik Mavisakalyan (Curtin University, Australia)

 

Presenter: Dr. Elisabeth Huynh (University of South Australia) and Dr. Astghik Mavisakalyan (Curtin University, Australia)

 

広島大学広報誌HU-Plus (No.2)

https://archive.hiroshima-u.ac.jp/koho_press/HU-plus_Vol.2/#page=16

新着情報

その他
拠点リーダー・角谷快彦教授が広島県中小企業家同友会呉支部の勉強会で講師を務めました。
その他
拠点リーダー・角谷快彦教授が広島県中小企業家同友会福山支部の勉強会で講師を務めました。
その他
拠点リーダー・角谷快彦教授が広島県中小企業家同友会本部の勉強会で講師を務めました。
その他
拠点リーダー・角谷快彦研究室のSomtip Watanapongvanichさん(D2)が日本学術振興会特別研究員(DC2)に内定しました。
その他
拠点リーダー・角谷快彦教授が広島県中小企業家同友会呉支部の勉強会で講師を務めました。
その他
ホームページが復旧しました。
その他
本ページは2020年8月28日から同31日まで、システム更新のため表示できない可能性があります。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦教授の幸福感と労働生産性およびCOVID-19経済対策研究が中国新聞(2020年6月7日朝刊)の「研究室発」に掲載されました。
その他
角谷研究室博士後期課程の学生が広島大学学長表彰(大学院生:学術研究活動)に選ばれました。Somtip Watanapongvanichさん、おめでとうございます。
研究
拠点リーダー・角谷快彦教授が生命保険文化センター「人生100年時代におけるライフマネジメント」研究会にて研究発表を行いました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦教授が中国経済連合会(地域経済研究推進協議会)研究助成に採択されました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦教授と拠点メンバー・Mostafa Saidu Rahim Khan研究員の論文がJournal of Financial Crimeにアクセプトされました。
イベント
拠点メンバー・成本迅教授と拠点リーダー・角谷快彦教授がG20ハイレベルシンポジウム「高齢化と金融包摂」にそれぞれパネリスト、出席者として参加しました。
研究
拠点メンバー・Mostafa Saidu Rahim Khan研究員が科研「若手研究」に研究代表者として採択されました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦教授が科研「若手研究」に研究代表者として採択されました。
研究
拠点メンバー・大内田康徳教授の論文(後藤大策氏との共著)が、Discussion Paper Series No.2019-2, Faculty of Economics, Hiroshima Universityに発表されました。
研究
拠点メンバー・大内田康徳教授の論文(高島伸幸氏との共著)が、Discussion Paper Series No.2019-1, Faculty of Economics, Hiroshima Universityに発表されました。
研究
拠点メンバー・大内田康徳教授が科研「基盤(C)」に研究代表者として採択されました。
研究
拠点メンバー・成本迅教授と拠点リーダー・角谷快彦准教授等の論文(第一&責任著者は京都府立医科大学・大庭輝助教)がPsychogeriatricsにアクセプトされました。
その他
拠点リーダー・角谷快彦准教授が広島大学Distinguished Researcherに任命されました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授が全国銀行学術研究振興財団研究助成に研究代表として採択されました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授と拠点メンバー・Mostafa S.R. Khan研究員の論文がJournal of Pension Economics & Financeにアクセプトされました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授が研究活動の貢献により、広島大学学長表彰を受賞しました。
イベント
第6回HiHERセミナーを開催しました(報告者:プロスポーツ選手・フロラン・シナマ=ポンゴル氏)
研究
拠点メンバー・大内田康徳教授が日本地域学会第55回年次大会(北海学園大学, 2018年10月6-8日)にて研究発表を行いました。
研究
拠点メンバー・大内田康徳教授の論文(単著)がApplied Economics Lettersにアクセプトされました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授等の論文がReview of Economics of the Householdにアクセプトされました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授等の論文がJournal of the Asia Pacific Economyにアクセプトされました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の介護ビジネスに関する考察が東和銀行経済研究所「TOWA経済リポート」11月号に掲載されました。
研究
拠点メンバー・大内田康徳教授が2017年度日本応用経済学会秋季大会(東海大学高輪キャンパス,2017年10月28-29日)にて研究発表を行いました。
研究
拠点メンバー・大内田康徳教授が日本地域学会第54回年次大会(立命館大学,2017年10月6-8日)にて研究発表を行いました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授が西北社からの委託で広島大学医療経済研究拠点(HiHER)の冊子「介護事業の近未来」を執筆しました(3万部発行)。全国の地方銀行の顧客開拓ツールに使われています。
イベント
第5回HiHERワークショップとして、新たな研究シーズ発掘のための意見交換会をタイ・チュラロンコン大学で開催しました。
研究
拠点メンバー・大内田康徳教授の論文が、Discussion Paper Series No.2017-4, Faculty of Economics, Hiroshima Universityに発表されました。
イベント
第4回HiHERワークショップとして、新たな研究シーズ発掘のための意見交換会を開催しました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授が、著書「介護市場の経済学」の業績により、2017年「日本公共政策学会学会賞(著作賞)」を受賞しました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授がRCC「本名正憲のおはようラジオ」にゲスト出演しました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授がADBI-SBV(ベトナム中央銀行)workshop on Catalyzing Financial Inclusion in Asia Through Financial Literacy and Consumer Protectionにおいて研究発表を行いました。
研究
拠点メンバー・梶原弘平助教が科研「若手(B)」に研究代表者として採択されました。
研究
拠点メンバー・宮下美香教授が科研「基盤(B)」に研究代表者として採択されました。
その他
拠点アドバイザー・ホリオカ・チャールズ・ユウジ教授がアジア成長研究所教授に就任されました。同副所長の兼務は変わらず、英文の肩書にも変更はありません。
研究
拠点メンバー・大内田康徳教授の論文(福田勝文氏との共著)が、Discussion Paper Series No.2017-1, Faculty of Economics, Hiroshima Universityに発表されました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授の論文がJournal of Risk Researchにアクセプトされました。
その他
拠点リーダー・角谷快彦准教授がチュラロンコン大学医療経済研究センター(経済学部)の客員研究員に着任しました。
研究
拠点メンバー・成本迅教授の論文「医学的見地からみた認知症患者との取引」が消費者法ニュース1月号に掲載されました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の連載「介護市場の競争と品質⑤ 貧富の乖離は供給コスト 増大」が日本経済新聞(2月1日朝刊)に掲載されました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の連載「介護市場の競争と品質④ 『結果』でなく『過程』の質評価」が日本経済新聞(1月31日朝刊)に掲載されました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の連載「介護市場の競争と品質③ 日本の制度設計に優位性」が日本経済新聞(1月30日朝刊)に掲載されました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の連載「介護市場の競争と品質② 規制による質の確保は困難」が日本経済新聞(1月27日朝刊)に掲載されました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の連載「介護市場の競争と品質① 多くの 国では『価格』も選択肢」が日本経済新聞(1月26日朝刊)に掲載されました。
イベント
第2回HiHERワークショップを開催しました(報告者:梶原弘平、大瀧慈、大内田康徳)。
イベント
第1回HiHERワークショップを開催しました(報告者:宮下美香、保田浩志、大瀧慈、大谷敬子、大内田康徳、角谷快彦)。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授が全国銀行学術研究振興財団研究助成に研究代表として採択されました。
イベント
第1回HiHERセミナー 拠点メンバー・成本迅教授「認知症の人が住みよい社会を求めて~多分野融合による挑戦~」を開催しました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授が日本学術振興会「二国間交流事業(オープンパートナーシップ)」に研究代表として採択されました。学振の研究助成獲得は直近2年間で4件目(すべて研究代表)となりました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授が広島テレビ「テレビ派」の医療ニュースにインタビュー出演しました(12月9日)
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授の論文がJournal of Family Studiesにアクセプトされました。
その他
ホームページを開設しました。
研究
拠点リーダー・角谷快彦准教授が中国経済連合会の研究助成に採択されました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の著書「介護市場の経済学」の書評が早稲田学報10月号に掲載されました(評者:西村周三・医療経済研究機構所長)
その他
広島大学医療経済研究拠点が発足しました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の著書「介護市場の経済学」の書評が早稲田学報10月号に掲載されました(評者:西村周三・医療経済研究機構所長)
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の著書「介護市場の経済学」の書評が日本経済新聞(5月15日朝刊)に掲載されました。
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授の著書「介護市場の経済学」の書評が週刊エコノミスト(4月12日号)に掲載されました。(評者:土居丈朗・慶應義塾大学教授)
メディア
拠点リーダー・角谷快彦准教授のコラム「介護保険市場はどうあるべきか」が金融ジャーナル(4月号)に掲載されました。
Page Top